独立(個人事業)に向けて>独立するための心構え

−独立するための心構え−

独立(個人事業)をするにあたっては、やはりそれ相応の心構えが必要になってくると思います。
自分への戒めの意味も込めて考えてみました。
独立するための心構え

まず、独立したい理由は何ですか?
その答えは、非常に重要な意味を持っていると思うのです。

一般的に会社勤めから独立する際の理由で多いのは、自分の裁量で仕事がしたい、仕事にやりがいを感じない、人間関係がうまくいってない、などのような仕事に関する理由です。
それとともに、これまでの人生や生活を見直し、自分らしく生きたい、自己実現を図りたい、という理由が多いようです。
私の場合もまさにこれに当てはまります。

ここで注意しておくべきことは、独立したい理由が明確であればあるほど、あるいは独立したいという意志が強ければ強いほど、それを実現しようとする意欲が湧き、またそれを実現する方法が考えられると思うのです。

ただ漠然とした理由だけで独立を考えることは、リスクの面から賢い選択だとはいえないと思います。

私の場合は、最初は漠然とした理由でしたが、あるときパッと明確になりました。
そしてすぐに会社を辞めました。
ただ、本来ならば会社を辞める前にもう少し準備をしてから辞めるべきだったと思います。
しかし、自分の性格からそのことはできませんでした。
まだ会社を辞めていない独立志望の方は、できるだけの準備をしてから辞めることをおすすめします。

会社であれば、経営戦略、企画、販売、経理、営業など、それぞれの分野で担当がいますが、個人事業では、経営者であると同時にすべての業務をひとりでこなさなくてはなりません。
人を雇うにしても、いざというときのためには個人事業主自身がこのような業務の内、自分の事業に必要な業務はこなせるようでなければだめだと思います。

私はまだ個人事業で成功する自信はないし、実際無理でしょう。
しかし、日々自分を成長させることができれば、成功することは可能だと思っています。

生半可な気持ちでは到底成功することはできない世界ですが、そのかわり自分のやりたいようにできるわけで、無限の夢と可能性があります。

チャレンジしようとされている方、お互いがんばりましょう。
きっと道はひらけるはずです。


マネー道中記トップへ